ツォトネ・ゼジニゼ

ツォトネ・ゼジニゼ

5歳から作曲を始め、20世紀、21世紀の音楽への関心を高めて、現在14才という若さですでに圧倒的な音楽性を持つユニークな才能を発揮している。バレンボイム、ヴィドマン、カンチェリなど偉大な音楽家たちは、今世紀で最も優れた才能を持つ音楽家のひとりとしてその名を挙げている。2021年自作「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ」は、ジョージアで開催のツィナンダリ・フェスティバル2021でリサ・バティアシヴィリとの共演で初演され、絶賛される。2023/24シーズンには、オランダ(デン・ハーグ)のアマーレコンサートホール、ブリュッセルのボザール、ルツェルン音楽祭でバティアシヴィリとソロ・リサイタルを行うほか、エルマウ城でバティアシヴィリ、ヴィドマンと再び共演。東京と高崎で初来日となるリサイタルや、ラトル指揮バイエルン州立管弦楽団とのシェーンベルク「ピアノ協奏曲」の演奏会が予定され注目を集めている。